www.cuttincrew.com

自動車重量税、通称重量税という税金は、国産メーカーの自動車でも外国の車という車の生産国や四輪駆動車、ロールーフ車等車の形状も例外なく、例えば、マツダやオペル、などにも普通に負担をしなくてはいけない税金のことをいいます。新車登録の場合または車検の時に納付するものです。支払金額はそれぞれの愛車の大きさで決定されます。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全然異なるものですので、しっかり理解して混同しないようにしなければなりません。「自動車重量税は車の大きさによって」「自動車税とは排気量によって」税額が変わります。それで買取する際の待遇も違いますから注意しましょう。車の売却の際には支払った自動車の額がいくら残っていた場合でもその金額が返還されるということはないですが、一方で自動車税の時は、支払い済みの額を査定額に足してくれるという場合があるものの重量税の場合は上乗せになるといった事例はなかなかないのです。重量税については、自動車を売る際既に納付した額が残存していると言っても中古車専門店の方でそのことが材料になる場合は少ないと思います。ですからその次の支払いつまるところ車検に出すまで待機してから売るのがベターでしょう。自動車引き取り時は考慮してもらえないのが重量税ですが、例外的なケースだと還付されることがあります。その時は次の車検までの期間が残存している車を廃車処理する場合です。要は抹消登録をすれば残存期間に従って税金が戻ってきます。ただ、車買取の時はその車が廃車されるのとは違うので返ってきません。また、自動車の名義を変更した時や盗難にあったケースなども返還してもらうことは不可能です。自動車重量税が残っている車を売却するというのは要するに車検がまだあるクルマということと同じです。それを業者も考慮しますから重量税の残存期間があれば、売却額があがるはずです。当然売却額は業者によりまちまちなのですが、車検期間がまだある事実を計算に入れてもらえば愛車の買取額と比べるとそれほど払い損と考えることもありません。

コンテンツメニュー